最新情報

最新情報一覧

トップ最新情報 | ライオ ダンス スタジオ|東京都昭島市 HIPHOPダンススタジオ

人生初のダンスレッスン
ダンス経験0
周りのレベルは?
スタジオってどんな雰囲気?
色々な不安があると思います。
今回はそんな悩みにズバリお答えしていきます!
ホームページに記載されてるQ&Aもよろしければ参考にして見て下さい。
ダンス経験0で入会するお客様がライオダンススタジオには沢山居ます。
講師がサポートしながら楽しくレッスンをはこんでいきますので絶対安心!
プロにお任せ下さい!
周りのレベルこちらも気になりますよね!
もちろん個人差はあります例えば同じクラスの中にも入って1カ月、入って半年の方も居ます。
ですのでアドバイスなどが基本的に違います。
例えば初めての方には同じ動きでも足元だけ最初に覚えてみて下さい。
慣れてきてできそうであれば手元のパートも覚えてみましょう!
一方入って半年の方にはココはもう少し指先まで意識できたらしてみて下さい。その方がカッコいいですよー!
みたいなかたちで個人のレベルにあったアドバイスをしておりますので心配せず楽しめます!
スタジオってどんな雰囲気?
スタジオによって雰囲気は様々ですが、今まで世界中のダンススタジオに行ったライオ氏がデザインを考えて落ち着く、温かみ、【アットホーム】な空間を1番に考えどんな方でもウェルカムな環境となっております。
新たな第一歩に挑戦してみましょう!
今回はこちらのテーマで話していきます!
まずカッコイイと言うのは、雰囲気で見ている事もあります!
例えば黒人の方が踊っていると技術がなくてもカッコよくみえたり、それから有名アーティストが踊りはそこまで得意ではないが歌いながら踊ってる姿がカッコよくみえる!
など踊りの技術が決して比例していなくてもカッコよくみえる雰囲気を持ってる方々って居ますよね!
逆に踊りの技術は凄いと思うけどカッコイイかって言われると凄いって言うインパクトかな〜?
て感じる方も居ますよね!
だから上手い=カッコイイが必ずしも比例するわけではないと言う事です!
もちろん両方とも兼ね揃えてるのが1番です!
ですが個人的にはダンスを踊る以上はカッコよく踊れる雰囲気を身につけたいですよね!
身につけちゃいましょう!笑
ここからが本題です!!
がむしゃらに頑張ってもダンスは上手くなります!
しかしカッコイイに結びつくのは難しい!
当たり前ですが、練習方法が違いますよね!
カッコイイを求めるには常に自分の動きをできてるか?できてないか?などで判断するのではなくカッコイイかカッコよくないかココがポイント‼︎
自分の踊りがカッコイイかを人に決めてもらうのではなく自分の目で見て感じ判断する事が大事!
カッコよくないと判断したらカッコよくなるまで極める!
そこには自分のセンスで見極める勇気と自信が必要です!
ライオダンススタジオでは皆様に自信と勇気が持てるように教えさせていただいております!
是非これからもダンスを楽しみながら最高なダンスライフを一緒に共有していきましょう‼︎
2020年07月02日

Tik Tok

Tik Tokが流行った事で日本人もダンス=ダンサー、スタジオ、レッスン、などと言った考え方から誰でも自由に踊りを楽しむ事ができる環境になってきた気がします。
自分は単純に嬉しいです!
上から目線とかでなく、ダンス=ダンサーだけ。
ダンスを踊るにはまず基礎からとかそんなの関係なく、それをやりたいからやる!
どんな形であれ楽しいから踊る!
そのスタンス、フットワークの軽さこそが大事だと思います!
歌などの場合はカラオケなどがあり歌を歌う=歌手だけと結びつける人は居ないと思うしカラオケで歌うのに発声練習したり基礎がどうこうとか気にして歌う人なんて居ないじゃないですか?笑
それしてたらプロですよね!笑
ダンスもそれくらいカジュアルな環境になる事で素晴らしいダンサーが今以上に増えるでしょう!
そこで今回はそんな流行りのTik Tokを周りの友達より上手く踊りたい人!
必ず上手くさせます!
体験レッスンの際にその動画など見せて頂ければ、特別に教えたりもできますのでおっしゃって下さい。
ストリートダンスは他のジャンルには無い魅力がある。
それは※自由
その名のとうりストリート=街中、自由、友達、誰でもウェルカム、生活、全てがストリートには詰まっている。
そこから生まれたダンス=ストリートダンス
楽しいに決まってる!
しかし最近では自由ではなく、何かとジャンルを分けたがる、
例えば、ヒップホップ、ガールズヒップホップ、ジャズヒップホップ、
ジャズファンク、ポップ、ロック、ハウス、
ワック、ブレイキン、etc、、、
これらも踊りてによって全く違うジャンルにも感じる事がある。
だからこそ、ジャンルはそこまで重要視せずその人自身のスタイルを表現していくべきだと思います。
例えば私はこのジャンルのダンサーと決める事で、それ以外のスタイルを受け入れずらい環境にしてしまう。
ですので私自身常にスタンスはダンサーです!
そうする事で色々なジャンルに抵抗なく自由な感性でダンスを楽しむ事ができる!
ちなみにレッスンを受講する際
レッスンスケジュールなどには、一応皆様が理解しやすいようにジャンルが記入されておりますが、
そこにこだわるのではなく⁉︎
その講師のダンススタイル雰囲気が好きか?
そうでないかそれこそが1番重要!
教えてるジャンルがヒップホップだから習いに行こうとかでなく、その講師のスタイルが好きだから習いに行こうって言う感覚が良いと思います。
本当の意味で自由に楽しんで踊るべきだと思います。
自由な感性でルールに縛られずオリジナリティーのあるダンサーこそストリートで1番カッコイイ!
先日菊地さんと言うプロのカメラマンさんにレッスン風景をなんと無料で撮影していただきました。
しかも最後は一人一人のアー写までキレイに撮っていただき有難うございました🙏
横のつながりに感謝です!
今回はタイミング的にも木曜日の17:30からのクラスのみの撮影でしたが、次回はイベントなどで是非皆さんとの撮影もできたら嬉しいです!
ライオダンススタジオでは色々なプロフェショナルな方々をお迎えし交流していただいております!
生徒様にもダンスレッスンだけでなく色々な形でプロの方々と楽しんで繋がっていければ、それが1番嬉しいです!
他の写真はホームページのフォトからご覧下さい!


PAGETOP